アムウェイでの成功の仕方を考える

アムウェイの評判に白黒つけるサイト

アムウェイ 買い込み

アムウェイをやると買い込みをさせられるというのは嘘

更新日:

よし。アムウェイを始めよう。

 

そう決心しつつセミナー後家に帰る道の途中、何気なくスマホを触りながらアムウェイの評判などをネットでチェックするという光景はアムウェイでよくある光景です。

 

 

ただ、ネットを調べていると「アムウェイビジネスで借金をしました。」「アムウェイでアップラインに買い込みをさせられた」という趣旨の記事を複数見かける。。。これまたよくある光景です。

 

それを見るとおそらくよく業界を知らない初心者とすればアムウェイビジネスをやると借金をしてしまうのか、買い込みをさせられるのかと思ってしまうことでしょう。

 

そして、それならやめておいたほうがいいかなと思うのではないでしょうか。

 

例えば、「アムウェイ 借金」で調べた場合下記のサイトがトップに出てきます。

アムウェイビジネスを実際にやられたことのある方の記事のようです。

【アムウェイで借金!の真実】そこまでして私が商品を購入した理由

本当かどうかはしりませんが、この記事の中では、アムウェイで著者が借金をしてしまったということが書かれています。

二つ目にでてくるサイトも中々しんらつです。アムウェイをやると借金を背負う理由について著者が書いています。

http://xn--cckefe7z.net/%E4%BF%A1%E8%80%85/%E5%80%9F%E9%87%91.html

 

さて、このような記事がネットで複数見かけられるとやはり不安ですよね。

買い込みや借金をさせられるなんて聞いてないぞふざけるなと怒りに満ち溢れる人もいるでしょう。

 

今日は、そういう不安なあなたに別の角度から情報提供できればと思い記事を書かせていただきました。

 【無料】寝ている間にも会社に行ってる間にもダウンができる方法

■アムウェイで買い込みをしたと語る人の共通点

私は、アムウェイビジネスの賞賛される点と批判される点双方を知っている身として、それなりに適切なアドバイスが読んでいただいているあなたにできるのではないかと考えています。

 

結論から言いますと安心してください。

普通にやっていればアムウェイで買い込みをさせられることはありません。

アムウェイ社はQ&Aサイトで下記のように述べています。

アムウェイ・ビジネスを「ねずみ講の一種」とのイメージからのご質問だと思われますが、アムウェイ・ビジネスは正当な会員制ダイレクト・セリングビジネスです。

ねずみ講のような違法ビジネスとは異なり、逮捕されたり、大金詐欺の被害者や加害者になるような悲惨な末路ことはありません。(当然ですが

http://soudanshitsu.amway.co.jp/content/faq/index/hyouban/shippai-nezumikou.html?cid=01_01_t00_008_20160401_02&gclid=CjwKCAjwt5DXBRAtEiwAa3vyEvl2voczYLl1EzU6WAUoOUV5KEsCiYGvttK69oZwzOpo_r9jBUyM8BoCfrEQAvD_BwE

 

まず、アムウェイはネズミ講のような違法ビジネスとは異なり大金詐欺になることはないと同社は断言しています。

 

買い込みをさせられるというサイトがあるため、ここで書かれているのは建前で実際にはアムウェイで買い込みをさせられるのではないかと疑う方もいるでしょう。

 

しかしながら、アムウェイは口だけでなく買い込みをさせられることがないように制度を担保しており、仮に誰かにかいこまされても被害者の救済措置を他社に比べても十二分に構築しています。

 

具体的にアムウェイは買い込みが起きないようどういうことをしているのかについて次に書いていきます。

 

目次にもどる

■アムウェイ社が買い込みをしないように提供している制度

アムウェイ社は買い込みをして借金を作ったり警察の厄介になったりすることがないようにちゃんと制度で担保しています。

 

具体的には強力な返金規定を設けることで仮に買い込みをさせられたとしてもそれをアムウェイ社に返還することで100%の返金を受けられるようにできるというものです。

 

どのくらい強力な制度かを少しだけ説明いたします。

 

通常訪販や連鎖販売取引に適応される制度にクーリングオフ制度というものがあります。下記のサイトではクーリングオフについて以下のように述べられています。

消費者は、契約から一定の期間内(8日間や20日間など)であれば、クーリングオフ制度により、理由を問わず無条件に一方的に申し込みの撤回、または契約の解除ができることになっています。

http://www7.plala.or.jp/daikou/cooling-off/d-cooling.htm

要するに商品によって期間は異なるが無条件で一方的に販売契約を解除できるというものです。

 

ただ、通常この8日乃至は20日の期間を超えると返金が難しくなるのですが、アムウェイはその遥か上を行きます。

クーリングオフをさらに発展させた「100%現金返済保証制度」を設けています。これは起算日(※)から30日間は使用・未使用にかかわらず全製品を返品、さらに30日が経過した後も返品期限内は一部の使用済み製品を除いて返品することができる制度です。また、ディストリビューターの方が製品在庫を抱えてしまった場合に備え「在庫製品引取制度」を設けて、アムウェイ・ビジネスのサポート体制を整えています。

http://www.amway.co.jp/business_start/return/

まずポイントは100%の返金保障を「30日間」という期間設けていることです。

その次に「未使用」に留まらず「使用」したものでも全額返金の対象となるケースがかなりの場合にあるというものです。

そして驚くべきはこちらはショッピングメンバーという愛用者に適応されるものですが、ビジネスメンバーの場合はさらに強化された返品制度があります。

アムウェイが発行する「納品書兼返金・返品依頼書」に表示されている受注日の翌日から45日以内は原則として、購入した商品の返品を使用・未使用にかかわらず行うことができます。その後の返品は一切お受けいたしません。また、返品の際には、当該商品の購入に伴って付与されたポイントは返還となります。

http://www.amway.co.jp/business_start/return/

なんと「45日」の期間も全額返金の対象にしてくれるようです。

 

ビジネスメンバーに相当手厚い制度ではないでしょうか。

冒頭にアムウェイで買い込みをさせられたという趣旨のものがありましたが、仮に無理やり買わされたとしてもこの制度を使えば相手にばれることなく全額返金を受けられます。

 

アムウェイビジネスをやると買い込みをさせられるんじゃないだろうかと不安の方でもこれで安心ではないでしょうか。

 

目次にもどる

■アムウェイビジネスを始める方が知っておくべきこと

最後にこれからアムウェイビジネスを始めようか迷っておられる方向けに少しだけ書かせていただきます。

 

バブル期の頃でしょうか。

ネットワークビジネスの業界というのは最盛期と言ってもよくその頃多くの億万長者を輩出した一方で、多くの借金を抱える人々が現れました。

その頃はもう数百万単位で借金をする人が本当にいたようです。

 

 

ただ、それが社会問題化したこともありのちに大幅に規制が強化される流れになりました。法律だけでなくそれを上回るケアを各社が独自にとるようになったのです。

 

業界のリーダーでもあるアムウェイは他社よりも遥かに周囲の目線が厳しいですから相当苦労されたと思います。

 

こうしてアムウェイは現在すでにご紹介したように他社より遥かに良い返金制度を担保することで買い込みを撲滅しようとしているのです。

 

結果としては0とは言えないのかもしれませんが、激減したことはほぼ間違いないでしょう。あの制度で買い込みをすることは自ら意志して無理やりにでもしない限りありえません。

 

ですので、あなたが自分の保有する金銭の範囲でやるぶんには全く問題ありません。やってみることでお金の稼ぐ大変さなどを学べるという意味ではいいことづくめです。

 

 

ぜひトライしてみてください。

アムウェイはあなたにチャンスを与えてくれるビジネスです。

 【無料】寝ている間にも会社に行ってる間にもダウンができる方法

目次にもどる

 

-アムウェイ 買い込み

Copyright© アムウェイの評判に白黒つけるサイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.