アムウェイビジネスは何が難しいのか

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

アムウェイというと多くのミリオネアを生み出すビジネスとして多くの人に夢を与え続けている素晴らしいビジネスです。

そうはいっても資本主義社会においての原則でもありますが、すべての人がすんなりとうまくいくわけではありませんし、うまく稼げずに終わってしまう人もいてしまうというのもまた事実です。

 

まあ難しい点もあるというのがアムウェイビジネスです。

しかし、これからビジネスを始めようとする人や始めたばかりの人というのはあまりアムウェイビジネスの何が難しいかが把握できていない人が少なくありません。

 

今日は、業界を取材する私が、アムウェイビジネスのどこが成功のための大きな壁であるかということをお話いたします。

  1. アムウェイビジネスの難しいところ
  2. どうすればこの壁を超えられるか
  3. アムウェイで成功するという覚悟だけではダメ

アムウェイビジネスの難しいところ

あらかじめ断っておきますが、アムウェイは稼げないと言いたいのではありません。

誤解される方もいるかもしれませんのであらかじめ書いておきます。

 

どのビジネスにも醍醐味とそれとは裏腹の難しいところというのがつきものです。

そうした中で醍醐味を味わうためにもいかに壁を超えられるかというのが大切になってきます。

 

ただ、そもそもその「壁」が何なのかということをおさえなければ精神論で頑張ることしかできません。

そういうのがお望みであれば私は止めはしませんが、着実にアムウェイでの成功を目指したいというのであれば課題の特定は必須です。

 

では、アムウェイで成功をする上で壁となるものとは何なのか?

 

それは、一言で言えば、「プロスペクトの枯渇」という問題です。

プロスペクトとは「ダウンになってくれそうな人」、いわゆる見込み客のことを指すわけですが、これがいる限りは継続していれば理論上成功への道はつきません。

 

 

しかしながら、逆に言えば「プロスペクトが尽きた」とアムウェイディストリビュータが感じた時、それはビジネスにおける成功が不可能となったことを意味してしまうのです。

 

それ故にプロスペクトの枯渇は何が何でも阻止しなければなりませんし、その前に成功を果たす必要があります。

 

ちなみに少し視野を広げてネットワークビジネス業界の話をするとやはり辞める人の多くが製品やら報酬プランなどは関係なくてただプロスペクトが尽きたという理由が直接の要因でやめていることがほとんどです。

 

アムウェイへ参加しようか検討している人、参加したばかりの人であれば、プロスペクトが山ほどいるかもしれませんので、考えが及ばない人がいるかもしれませんが、これこそがこのビジネスのもっとも難しい部分と言っても良いでしょう。

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

どうすればこの壁を超えられるか

では、このプロスペクトの壁をどうやって越えるか?

これには大きく二つの道があります。

  • プロスペクトを補給できる循環を作る
  • 現保有のプロスペクトの成約率をあげることで賄う

 

一つ目は、友人や親族といった有限のプロスペクトに当たるのではなく、何らかの形でそれ以外の人も対象にする方法で、二つ目がプロスペクトにアタックしてからの成約率をあげるというものです。

 

もちろん両方するというのが最善です。

しかしながら、私個人の見解としては、やはり前者の開拓が必要です。

というのもどんなに優れた営業マンも成約率を100%にするなんてのは非現実的だからです。

 

5−10%あれば相当優秀な方だと思います。もちろんとてつもない数値を叩きだす人もいるのでしょうけれどもそれをスタンダードにするのは不適切でしょう。

 

 

では、この補給装置のようなものをどうやって生み出すか?

これが極めて難しい問題ですね。

 

私がお伝えできる一つの選択肢はソーシャルネットワーキングサービスの類を活用することです。

もちろん他にも方法はたくさんありますが、アムウェイに関する情報を発信し続ければいいのです。

 

これは最初はなかなかうまくいかず難しいかもしれません。

しかし発信し続けていれば誰かが見ているというもので、いずれあなたのダウンになりたいという人は現れるでしょう。それ相応の努力が前提ですが、、

 

アムウェイで成功するという覚悟だけではダメ

ネットワークビジネスの多くの成功者は「成功するには気持ちが大切」ということをよく言います。

確かに大切です。

しかしながら、気持ちだけではどうにもならないこともあるというのが私の考えです。

 

アムウェイで成功されている方も同様のことを言われることがありますが、あの人たちは長嶋茂雄に近いです笑

 

感覚で成功している人が結構いて言語化できない人がいます。

 

私は凡人ですから具体的に何をすべきかが見えないとどうしようもないタイプです。

もしあなたが感覚的にやってうまくいくのであればそのまま続けてください。

 

しかしながら、もしアムウェイで感覚的にやるだけでは難しいと感じておられるのであれば、今日書いた内容を踏まえて活用いただければ幸いです。

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法