もう悩まない!アムウェイで明日から実践したい知人の誘い方

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

アムウェイビジネスを始めた人の多くが最初につまずくことがをご存知でしょうか。

それは、友人や知人の誘い方がわからないというものです。

ちなみにこれは、アムウェイ特有の現象ではなく、ネットワークビジネスという業界の会社でビジネスをしようとする人すべてが直面する課題だったりします。

 

そんな悩めるアムウェイのビギナーの方向けに今日はヒントとなるような文章を書かせていただければと思います。

  1. アムウェイ初心者が犯す間違った誘い方
  2. アムウェイ成功者がひた隠しにする正しい誘い方
  3. 効率的にダウンラインを増やすことを意識する

 

アムウェイ初心者が犯す間違った誘い方

まず、アムウェイ初心者が犯す間違った誘い方についてお伝えしなくてはいけません。

一般的に初心者が間違った誘い方をするのには2つの誤った考え方があると私は考えています。

それは、一つ目が「製品が良いから売れる」という考えと、二つ目が「相手もきっと興味を持つはずだ」という考えです。

 

では、順に見ていきましょう。

まず一つ目ですが、「製品が良いから売れる」という発想の問題点についてです。この考えを持っている人は概ね間違った誘い方をしていることがほとんどです。

 

 

なぜこの考え方が間違っているのかということを抑えましょう。

それは、簡単で、もしその命題が真ならばアムウェイ社はディストリビュータなんて雇わないからです。あなたがアムウェイの社長だとしてください。

 

そして、誰に営業をかけることもないほどに素晴らしい製品を持っていたとしてわざわざディストリビュータという制度をとりますか?私が社長ならば少なくともインターネットで販売網を用意して無人で運営します。

 

もちろんアムウェイが非営利団体だったらその可能性もなくはないです。

しかし、アムウェイが営利団体である以上それは考えにくいのです。

 

ここで、あなたに伝えたいのは何か?

それは、アムウェイの製品はいかに素晴らしくてもそれだけでは売れないということとその素晴らしさを伝える営業マンとしてのあなたの介在価値が売れるためには必須だということです。

 

これは、アムウェイの製品に問題があると解釈されては困るので弁解しますと、アムウェイに限らず、プリウスだろうとルイヴィトンだろうと営業やらマーケティングなくして売れません。

 

今の時代に製品が売れるからあとは勝手に売れるなんて商品は皆無です。

 

二つ目が、「相手もきっと興味を持つはずだ」という勘違いについてです。

これは、アムウェイに限ったことではありませんが、我々は自分があるものを愛するとついつい他の人も気に入ってくれるはずだと考えがちです。

 

しかし、現実というのはそんなに甘くありません。

超大手企業であっても顧客リストからの成約率というのは1%をきるというのが当たり前の世界です。

 

「誰もが」使っていると言われているアイフォーンですら世の中の過半数が使っているだけで、まだまだ多くの人からすれば「興味のないもの」でしかありません。(かくいう私がそうです。)

 

それ故に、「相手も気に入ってくれるはずだ」という前提で望むと絶望します。

アムウェイの製品がとてもいいものであるということが事実であったとしてもあなたが声をかければ「うんそれいいね」と言ってくれる人は極めて少ないという前提を持たなくてはいけません。

 

この二つの考えを変えなければ正しい誘い方にたどり着くことは困難です。

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

アムウェイ成功者がひた隠しにする正しい誘い方

今の二つの考えを改められれば下記のような考えになっているのではないでしょうか。

  • アムウェイの製品はいいとしても、自分が何もしないで売れるということはない
  • どんなに甘く見積もっても世の中の半分以上の人はアムウェイに興味を持たないのではないか

 

若干悲観的にも見えますが、これくらい「厳しい」というスタンスで挑まないとメンタルがやられます。

 

実は、私がアムウェイ含めいろんなMLMの会社の成功者に話を聞くと思うのが、表向きは「ポジティブなこと」をいいますが、裏側では、かなり悲観的な予想の元緻密に戦略を立てています。

 

この業界ではポジティブでいることが賛美されますが、成功者の方々も人が悪いというか、アムウェイに参加したての人にもう少しリアリティを伝えてほしいなと感じる次第です。

 

 

参加されたばかりの方は成功されている方の話は尊重するのはいいのですが、鵜呑みにしてはいけません。

彼ら・彼女らは前向きなメンタルでやっているだけに見えてとてもとても緻密に計算しています。

 

効率的にダウンラインを増やすことを意識する

最後にここまでの議論を踏まえてアムウェイで効率的にダウンラインを増やす誘い方について考察します。

 

これは、「ネットワークビジネスに興味があるかないか」というニーズの有無をフィルタリングできるようにするしくみづくりが必須です。

 

相手にニーズがないのに営業をかければ別にアムウェイに限ったところでもなく、不動産投資やら保険の営業然り相手から煙たがられます。

 

それ故に、成約するかどうかはともかくとしてまずはネットワークビジネスに対する関心の有無をフィルタリングする必要があります。

 

もしあなたが思いつく限りの知人すべてにあたろうとしているもしくはすでに当たり始めているのであれば、今すぐにやめてください。

 

まずは、このニーズの有無を確認できる戦略を考えましょう。

そのためにアップラインに相談したり、自らの頭を使ってください。

 

もちろん特定商取引法に抵触したりアムウェイのガイドラインに反するやり方はダメですよ。

 

 

以上、アムウェイ初心者にまずは知っていただきたいことを書いてきました。

これを明日と言わず今日から実践しましょう。

 

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

 

 

業界一位のアムウェイが行う驚くべき誘い方

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

アムウェイいいよ」

アムウェイって絶対やったほうがいいビジネスだよ」

アムウェイ始めてからめちゃくちゃ楽しいよ」

f:id:zyunn14641:20160923112208j:plain

上記のようにトークを変え、アムウェイ誘い方を考えながら、あなたは試行錯誤の日々を送っているのかもしれません。

 

それに対してもちろん

アムウェイいいね」

アムウェイの話をもっと教えて欲しい」

「ネットワークビジネスやりたい」

という人もいます。

 

 

しかし一方で、事実としては、

「ネットワークビジネス?やばいってそれ」

アムウェイって2chですごい叩かれてない?」

「全然興味ない!」

 

という対応をされることの方が正直多いのではないでしょうか。

 

 

これほど二極化するのはこの業界の顕著な傾向と言われたりもしますが、実は何を売ろうにも適切な営業ができなければ、同じ対応をされます。アムウェイ、いやネットワークビジネスに限った話ではないということです。

 

「嫌われない誘い方を発掘したい」

 

そう考えるアムウェイのビジネスメンバーに今日はアムウェイでもう悩まないための誘い方について書いていきます。

 

  1. 誘い方における問題の共通点
  2. これが理想的な誘い方
  3. アムウェイでの成功はこれで見えるはず

誘い方における問題の共通点

アムウェイ誘い方がわからないと嘆く人にはある共通点があります。

 

それは、誘い方が自分本位になりがちだということです。

 

つまるところ、「相手の興味」を度外視してしまっているということです。

 

 

これは、アムウェイ特有というよりは業界全体、ひいては多くの行き詰まった産業界で見られるものです。

 

 

 

ただ、アムウェイのように業界ナンバーワンの会社はその会社の有名度から批評の対象とされやすいにすぎません。

 

 

ですので、理想的な誘い方の前提として「相手のニーズを確認できること」というのが重要となってきます。

実は、成功者は何がすごいのかとい一言で聞かれれば、私はこの誘い方にあると断言します。

 

 

アムウェイ誘い方を知らない人はいきなり「アムウェイっていいよ」と勧めてしまいます。

 

ですが、それで「いいね」となる人は正直とても少なく拒否されることがほとんどです。

 

 

これはプロダクトアウトという一番やってはいけない誘い方です。アムウェイがいかに素晴らしくても台無しです。

その詳細については次のチャプターで述べます。

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

これが理想的な誘い方

 

この「相手のニーズを確認できること」がどうして重要かというと、社会においては圧倒的に「アムウェイに興味がない人」の方が多数であるからです。

 

 

これは、アムウェイ自体を中傷しているのではなく、トヨタ自動車であろうとルイヴィトンであろうと同じことなのです。これらの世界トップと言われる会社ですら世の中の半分の人も使っていませんし、少なくないアンチがいます。

 

つまり、何かを営業しようとすれば、「相手の興味を確認しない誘い方」は、商材に関係なく自殺行為なので絶対に行ってはいけないのです。

 

 

 

そして、あなたも精神的に大きなダメージを受けながら営業活動をしなくてはなりません。

 

 

もちろんどのような誘い方であっても「全員」に当たれば、そのうち一つに成功がある可能性はあります。

 

 

しかしながら、その他の全てに嫌われることを耐えながらビジネスをやりたい人なんているのでしょうか?

いたら相当などMですね笑

 

 

アムウェイの成功者は先ほども述べたようにアムウェイへのニーズがあるかどうかを分別するのが絶妙にうまいのです。それは他ならぬ誘い方がしっかり確立されているからです。

 

 

それゆえにあの人たちは、友達や知人から嫌われることを一度もせずに行えてしまうのです。

 

アムウェイにおいてスタートラインを間違えるとアムウェイで豊かになるどころか大切な友人を失いかねません。

 

 

この「相手の興味を確認できる方法」を是が非でも開発してください。

アムウェイでの成功はこれで見えるはず

 

本記事でまず言いたかったのが、すでに述べたことですが、いくら優れた製品であろうとサービスであろうと世の中の半分の人は興味を持たないということです。

 

 

このアウトプットが正しいか妥当性に疑問はあるので、参考程度に聞いていただければと思いますが、日本のGDP400兆円に対して、ネットワークビジネスの市場規模は大きいと言っても1兆円程度です。

 

 

つまり、日本人に手当たり次第に声をかけても400人に1人興味を持てばいい方というくらいだという感覚なのです。

 

世の中のすべての人が興味を持ってくれるはずだというのは頭の中がお花畑で、そのようなことがまかり通れば「マーケティング」など世の中に不要です。

 

 

そういった中で成功するには、いかにその400人に1人の人をたくさん集客するかそして、それらの人だけにアムウェイの良さを伝えられるかということが極めて重要になってくるでしょう。

 

 

すでにアムウェイの一部のグループではその誘い方が確立されているため、ぜひアムウェイメンバーの多くの人に話を聞いて成功を無事勝ち取っていただければと思います。

 

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法