アムウェイでの成功の仕方を考える

アムウェイの評判に白黒つけるサイト

アムウェイ 罠

アムウェイ初心者が陥る罠について

投稿日:

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

「アムウェイは世界ナンバーワンのビジネスだ!」

「アムウェイを通して多くの人が望むライフスタイルを得ている!」

「アムウェイは学歴などに関係なくすべての人に平等に門戸を開いている」

 

アムウェイのセミナーに行くと上のようなことがよくトップランカーと呼ばれる人から伝えられます。

 

そして、聞いている人たちは

「そうか。こんなに素晴らしいビジネスなら俺でもできそうだ!」

「早速友人にも教えよう。これはいいビジネスだ」

「これはそう多くないチャンスだ」

 

となるのです。

私もいろんな会社の説明会を行きますが、アムウェイは特に演出?がかっこよく会場を出た時のモチベーションはとても高くなります。

 

しかし、お待ちください。

アムウェイの説明会に行った際に、自分がいくらテンションが上がろうともそのノリで周囲にいきなり声をかけることはお勧めしません。

 

ほぼ確実に失敗します。

これが初心者が陥るなのですが、未だに後をたちません。

 

これは、アムウェイを批判してるのではないのですが、アムウェイの熱気に包まれた人からしたら「こんないいビジネスなら勧めたらいけるでしょ」という感覚かもしれませんね。

 

 

まあ落ち着いてください。

今日は、アムウェイ初心者が陥る最初のについて書かせていただきます。

最初つまずくとなかなか立ち直るのに時間がかかりますから必見です。

 

  1. アムウェイで早速ビジネスをやろうとしている人が知るべきこと
  2. その上でどうやるのが効率的か
  3. 終わりに

アムウェイで早速ビジネスをやろうとしている人が知るべきこと

今から書くことは当たり前すぎるのですが、ハイな気持ちになっているとそう考えられていないことも少なくないので、書いていくものです。

私自身業界に入ってきた時このことを知りませんでした。

 

では、早速ですが、ちょっとアムウェイの話からは一旦離れます。

 

下記のグラフを見てください。なんのグラフかお分かりでしょうか?

 

2016年第2四半期 国内携帯電話出荷台数ベンダー別シェア 資料:IDC Japan

 

まあ出典のところにかいているのでお分かりになるでしょうけれども、携帯電話のシェアです。

アイフォーン強いですよね。全体の4割以上のシェアを占めているのです。

 

ただ、頭に止めて欲しいのはアイフォーンのすごさではありません。

世の中を見ると見渡す限り使われているかのように見えるアイフォーンがシェアの4割ちょっとしかないのです。

 

続いて見て欲しいのが同じスマホですが、下記のグラフです。

『サムスンのスマホ 世界シェア首位守るも減速=7~9月』

2014年12月17日

http://toyokeizai.net/articles/-/52232?page=2

 

こちらは2点ポイントがあります。

世界シェアとなると、アイフォーンが12%程度のシェアしかないということですね。

そして、日本では誰も使っていないかのようにも思われているサムスンのギャラクシーが世界でトップシェアなのです。

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

さて、今のを踏まえて本題に入りましょう。

結論から言うと我々の認識というのは事実から乖離していることが少なくないということなんですね。

 

アイフォーンってみんな使ってるし、シェアは7−8割はあるんじゃないか?

サムスンって誰も使ってないイケテナイメーカーでしょ?

 

こういうのが「思い込み」でしかないということをこのスマホのリサーチは教えてくれるのです。

 

アムウェイをこれからやろうと思っているあなたも「思い込み」を持っていませんか?そこを取り除かないとにはまります。(誰が仕掛けたわけでもないのに)

 

これを断言するべきかは難し所ですが、今のことからアムウェイについて伝えたいことがあります。

 

それは、

どんなに楽観的に考えても半分以上の人はお客様にはなりえない

ということです。

 

あの世界一と言われ、ほとんどの人が使っているとも思われたアイフォーンですらあのシェアです。そういった世界の中で過半数を超える人がアムウェイに興味を持つと考えることは非現実的なのです。

 

「アムウェイはこれだけいいビジネスなのだからみんな興味を持ってくれるはずだ」

 

これはディストリビュータが一番持ってはいけないものです。

まあ営業マンたるもの「簡単に売れる」という発想を持った瞬間売れなくなるものです。

 

「過半数」という言葉を今使いましたが、日本アムウェイに関して言うと売上が1000億円前後に対してGDPが400兆円であることを考えるともう少し辛く見積もってもいい気もします。

 

この見立ては各々のディストリビュータさんに任せますが、「何もしないで売れる」「アムウェイはすごいから売れる」というのはビジネスをなめすぎだということです。

その上でどうやるのが効率的か

自分の周りにいるほとんどの人は興味を持ってくれるという意気込みではなく、もしかしたら誰も興味を持たないんじゃないかという悲観的な所から始めた方が結果的にうまくいくのではないかと私は考えています。

 

なぜなら、前者の場合思考回路が「とりあえず手当たり次第に声をかけてみよう」となりがちで、結果として全く売れないわ不信感を持たれるわでネットワークビジネスのにズブズブはまるのです。

 

では、悲観的になればそれでにはもうはまらないのか?というとそうではありません。

ここからがようやく始まりです。

 

今まで少し悲観的なコンテクストで書きましたがここからは少し前向きにいきましょう。

世の中の半分以上の人は興味を持たないというコンテクストで書きましたが、逆に言えば、興味を持つそうは一定いるということなのです。

 

ですので、に落ちることなく「ニーズがある」人を見つけ出すことがアムウェイビジネスをスムーズにやる上で必須となります。

 

 

「ニーズなし」の人は放っておきましょう。一切声をかけてはいけません。

嫌われるだけです。

 

では、どうやってアムウェイに対するニーズの有無を確認するかということですがこれは従来業界で行われてきたやり方をひっくり返してください。

 

アムウェイビジネスの20年前は知らないのであくまで業界での一般的な話をしますと、今までのネットワーク関係者は「こそこそ隠れて」「ひっそりと忍び寄り」お誘いをしていました。

 

しかしながら、そのやり方では向こうからニーズがあるのかないのかをしれないのです。

 

だからこそ、現代のやり方として自分がネットワークをやっていることやアムウェイをやっていることをどんどん広めていくのです。

 

そうすることで興味がある人から寄って来てもらえるようにするのです。

これをインバウンドセールスというのですが、興味がある人が来たら紹介する、そして場合によっては入会を勧めるという現代においてあるべき営業の形を構築してください。

終わりに

アムウェイ初心者がはまりやすいについて今日は書いてきました。

 

要点をまとめます。

  1. 「世の中の多くの人がアムウェイに興味を持ってくれるはずだ」というのは思い込みをやめる。
  2. 「いかに興味がある人」を惹きつけられるかという発想にする。
  3. 自分からアムウェイの良さを発信することで、ニーズがある人を惹きつける。
  4. 問い合わせがあった人を受注する。

 

 

こうすれば、初心者が陥りやすいの回避は達成されるでしょう。

以上、アムウェイで陥りやすいについての論稿でした。

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

  • この記事を書いた人

orenzi0202

アムウェイの批判するべきところは批判しつつ風評被害からアムウェイを救おうと頑張るおじさん。熱狂的なファンととんでもないアンチ双方と議論を交わし双方との融和を図ることが目標。

-アムウェイ 罠

Copyright© アムウェイの評判に白黒つけるサイト , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.