アムウェイサプリの効果について

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

アムウェイといえば、何を思い出すでしょうか?

一昔前までは洗剤などが上がってきたようですが、現在はおそらくサプリメントが一番初めに来る人が多いのではないかと考えています。

 

ニュートリライトを含めたブランドはとても好評でアムウェイの屋台骨となっています。そんなアムウェイサプリにはとても素晴らしい効果がありそうですよね。

 

これからアムウェイに入ろうとされている方や愛用者を始めたばかりの人はやはりサプリメント効果を含めた評判というのはきになるところでしょう。

 

ただ、調べてみてわかるかと思いますが、公式サイトにはどうもアムウェイサプリ効果が具体的に書かれていません。

ネットで調べても個人による口コミは見つかれど、どれも正当な権威から発表された効果発表ではありません。

 

 

なぜ見つからないのでしょう。

そんなあなたの疑問に今日はお答えしましょう。

結論から言いますと実は言いたくても言えないのです。

 

  1. アムウェイサプリの効果が調べてもわからない理由
  2. アムウェイサプリを販売するにあたっての注意点
  3. アムウェイでトラブルにならない人の特徴

 

アムウェイサプリの効果が調べてもわからない理由

さて、いきなりですが、結論からお伝えしていきましょう。

 

アムウェイサプリメント効果が知りたいと思い、「ニュートリライト 効果」などと調べても個人的なコメントしか出てこないのではどうしてなのでしょうか?

 

これは、日本の法律が、医薬品外の製品に対して法律で規制しているからです。

あまりビジネスを始めたてであったり愛用を始めたばかりだとご存知ないかもしれません。

 

 

この法律は、医薬品医療機器等法と言われます。旧薬事法と言った法が馴染みがあるかもしれません。

 

この法律の初めの部分を引用いたします。

この法律は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止のために必要な規制を行うとともに、指定薬物の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品、医療機器及び再生医療等製品の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的とする。

『医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和35年8月10日法律第145号)』http://www12.plala.or.jp/taacohya/Houki/KOSEIRODOU/Yakujiho/KaiseiSagyoData/3frame_Sin_Yakujiho_all.htm

 

長ったらしいので私が要約いたしますと、医薬品や医薬部外品、化粧品、医療機器と呼ばれるものは、人間に対して著しい危害を生み出す可能性があるので、国が認可したものでなければ、流通させることを許さないですよということです。(若干解釈を含んでいますが、、、)

 

何せ身体に入れたり、身体に塗りつけたりするものですから、ともすれば人の命にも関わってきます。

 

それ故に、それなりの規制があってしかるべきなのです。これにはあなたも理解していただけるでしょう。

 

で、その厳しい規制を通ってないものは医薬品ではありませんから、そういったものが医薬品と誤認させるような効果効能をうたうことは法律違反となるわけです。

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

 

ここで本題に戻ってきます。

アムウェイの場合は医薬品を扱っていません。サプリメントです。

これはあくまで食品です。

サプリメントは「食品」であり、「医薬品」ではありませんので、サプリメントに医薬品的な効能効果の表示や、用法・用量などの表記してしまうと、薬機法違反ということになります。

また、医薬品にしか使用できない「医薬品成分」を配合した食品を製造、販売することも薬機法違反となります。

『薬機法(旧薬事法)』

https://www.healthy-pass.co.jp/information/005/010/

 

つまり、上にもありますが、医薬品に準ずるような成分が入っているものは製造しても販売しても法律違反ですからアムウェイにあるはずがないのです。

 

アムウェイサプリを販売するにあたっての注意点

それ故に、アムウェイのサプリメントを販売する人は特に医薬品に通ずる効果があると誤認されない意味でも、下記の東京都の見解のようなトークは使用禁止です。

東京都が、医薬品的な効能効果に該当すると指摘した主な表現の一部を紹介します。

・疾病の治療又は予防を目的とする効能効果の表現
・身体の組織機能の一般的増強、増進を主たる目的とする効能効果の表現
・疾病等による栄養素の欠乏時等に使用することを特定した表現
・「頭髪」「目」「皮膚」「臓器」等の特定部位への「栄養補給」「健康維持」「美容」を標榜し、当該部位の改善、増強等ができる旨の表現

その他、「不適」とされる表現は、更新、追加されますので、最新情報は保健所等に確認する必要があります。

『薬機法(旧薬事法)』

https://www.healthy-pass.co.jp/information/005/010/

 

病気が治るかのような説明や身体機能が向上するかのような説明の全ては禁じられるということですね。愛用者の方もこのような事実はないということを認識しておいてください。

 

ちなみに私が、ここまで注意するのかというのには理由があります。

 

過去にこのような薬機法違反で取り締まりを受けた同業他社が複数あるからです。ネットで調べれば直近業務停止になった企業はお分かりになることでしょう。

 

それ故に、今はアムウェイに問題がなくても明日にはトラブルが起こらない可能性はゼロということです。

 

そういった意味で危機管理ができればと思い書かせていただきました。

 

販売ではなく、自分が愛用するだけでもこの基礎は押さえておきましょう。

さりげなく知り合いに勧める際に同じことをしてしまう可能性がなくはないのですから。

 

アムウェイでトラブルにならない人の特徴

さて、アムウェイでトラブルをおこさない人の特徴を最後にお伝えしておきましょう。

 

それは、ここまで述べてきたことで明快であると思いますが、まずは法律の基礎知識をつけることです。

 

そして、過去に違法と見なされた他社事例などを学びセールストークで問題のあるものを全て言ってはいけないという認識をすることが極めて大切です。

最後にそれを強化する意味で、先ほどから引用しているサイトで薬機法違反を見抜くポイントが記載されていますので、引用いたします。

薬機法違反となるのは「サプリメントが医薬品と誤認される場合」がほとんどなので、その判断材料を整理してみました。

①用法・用量の指定
サプリメントの場合、用法・用量に関しては、「1日12粒を目安に、1日3回程度に分けて…」などの幅を持たせた、あいまいな表現でなければなりません。
「食前」「食後」などの用法の指定や、「1日12粒を3回に分けて」など、用量を明確に指定してはいけないことになっています。

②効果効能の表記
医薬品でないものは、効果効能を標榜することができませんし、特定の部位や症状を表記することもできません。
パッケージや商品チラシに「治る」「不老」「脳」「関節」「がん」「糖尿病」などの記載があるサプリメントは、薬機法違反と判断される可能性が高いです。

③医薬品にしか使えない成分
医薬品や漢方薬にしか使えない成分をサプリメントに配合した場合には、薬機法違反となります。
男性機能改善のシルデナフィル、タダラフィルは、特に摘発されることの多い成分です。
また、最近ではレスベラトロールの原料として使用される「イタドリ」が要注意です。

・・・中略・・・

④形状
アンプルや舌下錠は、医薬品に極めて近い形状と判断され、これらの形状のサプリメントも薬機法違反となります。

『薬機法(旧薬事法)』

https://www.healthy-pass.co.jp/information/005/010/

この中で我々の努力でどうにかなる点というのは上の二つでしょう。

一つ目が、用法用量を綿密に指定してはいけないということ。

二つ目が特に業界でトラブルになるのですが、病名などを具体的に上げないということ。

 

 

そうすれば、まずは基本的なトラブルとはおさらばできてしまいます!!

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です