アムウェイにノルマはあるのかへの省察

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

ディストリビュータ「アムウェイノルマなんてないよ」

あなたの友人「アムウェイはじめたらノルマに追われて借金するよ」

アムウェイノルマはあるのかということに関する論争というのはまだ決着がついていないようですね。

 

参加を検討する人からすればノルマはそりゃないほうがいいけども、あるならあると言って欲しいというのが本音ではないでしょうか。

 

アムウェイに参加を検討している人や参加したての人向けにアムウェイノルマがあるのかに関して第三者視点からまとめた意見をあげさせていただきます。

  1. アムウェイ社のノルマについての見解
  2. アムウェイのノルマはあるのかに関する私の論考
  3. 本論考の注意事項

 

 

アムウェイ社のノルマについての見解

まずは、大元のアムウェイ社の言い分を聞く必要があるでしょう。

 

アムウェイをやると売上ノルマに追われて精神的な被害を受けたりしませんか?という質問に対するアムウェイ社の回答は以下のようになっています。

アムウェイ・ビジネスには、売上ノルマ、最低購入数量や月間の仕入れ金額、在庫などのノルマも一切ありません。

http://soudanshitsu.amway.co.jp/content/faq/index/hyouban/higai-norma.html

 

まあ想定通りというべきですか。

アムウェイ社はノルマなど課していないとの見解です。

 

確かに、報酬プランやビジネスに関するパンフレットのいたるところに月々いくら売れなければ自分でいくらいくら買ってもらいますというルールはありません。

 

ですので、制度上ノルマはないと言っていいでしょう。

 

では実際仕入れた製品が余ってしまった場合、結局自分で処理しなくてはならないのではないのかという疑問が湧くかと思いますが、それに対して、アムウェイ社は以下のように述べています。

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

 

●アムウェイの場合、製品が売れ残ったらどうなるの?

アムウェイではノルマがないのでそのため、何の製品をどれだけ仕入れて、誰に売るかというのもすべてディストリビューターの自由です。巷の悪質なマルチ商法にありがちな「売れ残った大量の在庫を買い取らなくてはならない」という被害は起こり得ませんのでご安心ください。

http://soudanshitsu.amway.co.jp/content/faq/index/hyouban/higai-norma.html

 

ディストリビュータが自分の必要以上に仕入れる必要はないのだからそのようなことは起きないとのことです。

 

ただ、個人が買いすぎてしまうということはあるでしょう。

それに関しても実はアムウェイ社は返品制度を持っています。

一ヶ月以内であれば100%、それ以降でも90%返金の保証をつけています。

 

どんなビジネスでも仕入れすぎということはあり得るという現実を受け止めアムウェイは他社に比べてもかなり良心的な返金処理制度を設けているようです。

 

<ディストリビューターの場合>
クーリング・オフ制度をさらに前進・徹底させたアムウェイ独自の「100%現金返済保証制度」を設けています。
起算日※1から30日以内は使用・未使用にかかわらず全製品、また30日経過後も一部の製品を除いては※2一定条件の下で、納品書兼返品・返金依頼書に表示されている受注日の1年以内を期限として、ご不満の製品を返品することができ、製品代金は全額返金されます。また、ディストリビューターの方が製品在庫を抱えてしまった場合に備え「在庫製品引取制度」を設けて、アムウェイ・ビジネスのサポート体制を整えています。

http://soudanshitsu.amway.co.jp/content/faq/index/hyouban/higai-norma.html

 

実際、私も他社の制度をいろいろ見る中で、アムウェイほど返金のハードルが低い会社はありません。

100%返金というのは本当に聞いたことがありません。

 

それ故に、アムウェイ社はノルマになりうる要因を限りなく潰せている企業と言ってもいいかもしれません。

アムウェイのノルマはあるのかに関する私の論考

で、これはアムウェイ側の述べる「理論上」の話です。

実際はどうなのかというディストリビュータからの視点も必要でしょう。

 

これに関して言うと、自発的に設定するノルマというのはありえます。

 

これはどういうことかというと、あなたが月生活するのに20万必要だとして、アムウェイビジネスだけが収入源だとしたらどうしますか?

 

どうしても20万の報酬が得られるように取り組むのではないでしょうか?

 

結果的に、ある月で20万円もらえるかどうかわからないという状況になったとしたらそれは自発的にとはいえ最低限超えなければいけないハードル、いわゆるノルマになりうるのです。

 

これはアムウェイ社が強制的に与えたものではありませんが、生きていくのに必要なお金をアムウェイ社から得なければならないとしたら毎月少なからず収入を得るために必要な売り上げノルマができてしまうのです。

本論考の注意事項

それ故に、あなたがサラリーマンをやりながらお小遣いを欲しいという嗜好性であるのであれば、生活するのには困らないという意味で売り上げノルマはありません。

 

 

しかしながら、アムウェイだけで生活していく、つまり本業にしようと考えているのであれば、もちろんただで報酬はもらえませんからノルマに類するものが出てくるのは当然です。

 

これは、ノルマというと聞こえが悪いですが、当たり前の話です。

 

 

アムウェイを本業にするのか副業にするのかでまずはノルマの有無が決まるというのが私の省察です。

 

 

それ故にノルマを感じたくないのであれば、複数の収入源を用意して、アムウェイからの収入に依存しなければならない状況にはしないように気をつけてくださいね。

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です