アムウェイに勧誘されたけど、自分は向いているか知りたい人が必読の記事

 【無料】ネットで私が権利収入を稼いでいる方法話します

アムウェイ勧誘をされるというのは社会人であれば、多くの人が経験すると言われています。

 

そして、その出会いをきっかけに億万長者になるという人も出てくるため多くの人に未だに多くの夢を与え続けています。

 

 

一方で、アムウェイ勧誘アムウェイに入ったはいいもののダウンが一人もできませんという人がいるのも事実です。

 

私は、長年業界を見ていて思うことがあるのですが、ネットワークビジネスには向いている人と向いていない人がいるということです。

 

今日は、あなたがもし今アムウェイ勧誘を受けていて入会するかどうか考えている、もしくは入ったばかりでまだ本腰を入れるか迷っているという人に参考になればという思いを込めて記事を書きました。

  1. アムウェイで勧誘を成功する人間の条件①ー目標について
  2. アムウェイで勧誘を成功する人間の条件②ー法律遵守について
  3. アムウェイで勧誘を成功する人間の条件③ービジネスのやり方について

 

アムウェイで勧誘を成功する人間の条件①ー目標について

まず、ネットワークビジネスのセミナーに行けばアムウェイに限りませんが、月収の目標を立てることを勧められます。

 

具体的には、月収いくらいくらというのがベタな目標の立て方です。

で、よくある目標数値がどれくらい頑張ればたどり着けるのかということをここではリアリティを持ってもらえるようにご紹介いたします。

 

これに関しては様々な外部要因などが入り組む可能性があり、理論が結果として確実に想定した結果を招くものではないという前提のもとご覧いただけますと幸いです。

 

まず、アムウェイの報酬プランを見ているとわかるのですが、アムウェイで生計を立てていこうとするならば、支払いのボーナスのパーセンテージが最も高い21%の条件にするというのは最低条件であるように思われます。もちろんこれ以下のロイヤリティでも独立している人はいますけれどもそれは少数です。

 

 

というのもボーナスが売り上げの3%とか6%とかだと販売する総額がいくら増えても報酬にはねてこないからです。

 

で、この販売額の21%のボーナスをもらう条件ですが、これは自分も含めた参加の流通PVが150万を越えれば実現します。

 

このPVというのは、ネットワークビジネスの企業がグローバルであることからよく使われる横文字単位なのですが、日本円で換算するとだいたい1.4をかけたくらいですから、210万円くらいです。

 

MLMで一人が月に買うアムウェイ製品の量というのはかなり多く見積もって5万だとして、42人の組織を作り上げないといけないということになります。

 

この組織を作り上げてもらえる月収がだいたい210万の売り上げに21%をかけた44万円程度となります。年収でいうと、520万くらいですね。

 

まあ独立して生活していこうと考えれば社会保障なども自己負担が増えますからこれくらいはないと厳しいでしょう。

 【無料】ネットで私が権利収入を稼いでいる方法話します

さて、購入単価が5万というのは結構高く見積もっているとはいえそれでも42人のリクルートがアムウェイで生活していこうと思えば必須です。(これはもちろんあなたが42人勧誘せよという意味ではなく、あなたのダウンも含めた合計です。)

 

 

ただ、一点これはMLM難しいのところでもあるのですが、自分の直下ダウンを増やすだけではボーナスが頭打ちになるという仕組みを取っている会社が最近増えています。アムウェイもその傾向はありますので、ダウンにダウンを作らせてあげないと収入が頭打ちになるということもあります。

 

それ故に一概にここに書いたことが直接普遍的になるわけではありません。

 

 

さて色々と書いてきましたが、何はともあれ生計を立てるとなるとそれなりのダウン構築は必須になります。

 

率直に言うと、今の時点でなんか俺には無理そうとなる人はやめておいたほうがいいかもしれません。最初がそのような感じでうまくいっている人はあまり見たことがないからです。

 

アムウェイで成功されている方は、これで独立できるんだなと意気揚々になっているというイメージです。

もちろんやめろと言いたいのではないので悪しからず。

 

参考文献

アムウェイセールス&マーケティングプラン2017

https://www1.amwaylive.com/psl/business/incentive/plan/__icsFiles/afieldfile/2016/08/29/SalMarkPlanGuide2017_160831.pdf

 

アムウェイで勧誘を成功する人間の条件②ー法律遵守について

 

続いて、アムウェイで勧誘をどれくらいしないといけないかのちょっとしたイメージをついたイメージでお伝えしたいトピックが法令遵守です。

 

アムウェイも含めたネットワークビジネスは特定商取引法の連鎖販売取引に分類されるものです。

つまり、この法律を遵守した上で行わなければアムウェイでダウンがいくら出来たところで、いずれ組織が崩壊するリスクが高くなるということです。

 

業界には違法な勧誘を平然とやっている会社のグループもありますが、やはり遠くない未来に摘発されているというのが世の常です。

 

それ故に、この法律の定める勧誘のルールというのはあなたにとって生命線となります。

 

この法律を守った上で、勧誘ができるかどうかということをよくここでは検討していただければと思います。

 

まず、特定商取引法では連鎖販売取引についてどのようなルールを課しているかというとこれはアムウェイのガイドラインと一致するところが多いため、そちらを引用いたします。

アムウェイでは、アムウェイ・ビジネスの紹介を目的とした勧誘に関しては、「はっきりと目的を告げて勧誘すること」「相手の了承を得てから紹介すること」などをディストリビューターに指導しています。

ディストリビューターは、アムウェイ・ビジネスの勧誘に先立って、次の5つを明示することが法律で義務づけられています。

  • 自分の名前
  • アムウェイのディストリビューターであること
  • ディストリビューターの登録を勧めようとしていること(目的)
  • 年会費負担について
  • 商品の種類

この5つを明示することをディストリビューターには指導しています。

http://soudanshitsu.amway.co.jp/content/faq/index/hyouban/kanyuu.html?cid=01_01_t00_008_20160401_02&gclid=CjwKEAjw7J3KBRCxv93Q3KSukXQSJADzFzVS2hq_JytsHTDz9yuz2ESVURU0WYTsJlXUPRdLVqA2rRoCq1vw_wcB

 

ここにすでに書いていますが、アムウェイで友達に勧誘をやるために最低限守るべきことを要約すると、勧誘に先立ち「自分がアムウェイの会員であること」「あなたをアムウェイ勧誘したいということ」を事前に告知してアポを取り、アポの中では、年会費の負担や商材についての説明をするということを求めているということです。

 

 

逆に言えば、事前に自分がアムウェイをやっていることを隠して誘い出したりした場合はブラインド勧誘と認定されます。

 

今書いたことを遵守した上で、先ほどの目標に沿ったリクルートメントをできるかということがあなたがここで成功できるかどうかを判断する上で重要になってきます。

 

 

アムウェイで勧誘を成功する人間の条件③ービジネスのやり方について

最後にビジネスのやり方についてですが、これは1と2の補足のようなものとなります。

 

アムウェイでは友達や親族など知り合いへ紹介していくことを推奨しています。

 

これは、リレーションができており非常に理にかなっていることです。

 

しかしながら、一方で、友達や親族が無限にいるという人はいません。

このことが意味するのは、あなたが42人の勧誘を100発100中で成功できる確信がある場合を除き、何か継続的にプロスペクトを確保できる方法を持っている必要があるということを意味します。

 

 

ネットワークビジネスの成約率というのはわかりませんが、いろんな人を見ていて純粋な知り合いの数から3−4%の成約率があれば相当優秀です。

 

ということは、あなたが相当優秀だとして5%の成約率を持っていても840人ほどの知り合いが必要ということになります。

 

これは相場ですからこれより低い人も高い人もいますが、まずあなたに連絡を取れる人が840人程度いるかもしくは継続的にプロスペクトを補充できる手段があるかということは考えておいて損はないでしょう。

 

 

以上、アムウェイの勧誘を受けて悩んでいる方々向けの情報提供でした。

すべては不動の事実ではなく、シチュエーションや個人の能力次第で大きく変わりうるので参考までにお読みいただければと思います。

 

もし参加されるのであれば自信を持って臨んでください。私は陰ながらご健闘を祈ってます。

 

 【無料】ネットで私が権利収入を稼いでいる方法話します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です