アムウェイでの成功の仕方を考える

アムウェイの評判に白黒つけるサイト

アムウェイ サプリ 勧誘

アムウェイのサプリメント勧誘でNGなこと

更新日:

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

アムウェイといえばどのような製品を思い出しますか?

 

そう投げかけた時に2つの答えが予想されます。

 

 

 

それはニュートリライトを筆頭としたサプリメントかアーティストリーを筆頭とした化粧品です。

 

 

 

これらの両者はアムウェイの屋台骨であり、世界一のネットワークビジネスの会社である所以と言っても過言ではありません。

 

 

 

では、これらの製品というのはどのような形でもいいので売れればいいのか?というとそうではありません。

 

サプリメントにしろ化粧品にしろ気をつけなければ何かとトラブルを起こしがちな商材です。正しい知識をつけた上で、勧誘及び販売活動に従事する必要があります。

 

 

今日は前回化粧品の勧誘でトラブルを起こさないためにというお題に引き続きサプリメントの勧誘でトラブルを起こさないための方策について書かせていただきます。

 

  1. サプリメントの効果効能についての説明について
  2. サプリメント利用時の身体トラブルにさいしての対応方法について
  3. 終わりにーまずは最低限の法律の知識を

 

 

サプリメントの効果効能についての説明について

まず、サプリイメントのセールスにおいて過去の業界のトラブルについて書いていくことで、アムウェイサプリメント勧誘をする人がトラブルを起こさないようにすることを目標とします。

 

まず、サプリメントの販売で悪気なくしてしまうトラブルの一位にくるものとして「オーバートーク」が挙げられます。

 

 

こちらはアムウェイの方でも入会の際に指導がされますが、アウトな例としては以下のようなものが挙げられます。

  1. 「このサプリを飲めばがんが治る」
  2. 「このサプリでアトピーが治る」
  3. 「このサプリで肌が若返る」

 

こういうものはもちろんいうまでもなく、医薬品医療機器法(旧薬事法)に抵触します。

 

 

この医薬品医療機器法というのは「医薬品や医療機器」の販売の規制が敷かれているのですが、この中で、医薬品や医療機器の効果をうたうには事前の認可が必要であるということが書かれています。

 

つまり、医薬品として認可されていなければ、医薬品まがいの表現をすることは摘発の対象となるということですね。

 

 

また弁護士ドットコムの解説によれば、仮に医薬品に当たらないとしても不当景品類不当表示防止法に触れてしまいアウトのようです。

 

「(症状名)患者さんを100%完治させられます」「(複数の症状名)の症状も簡単に治せます」ということで承認を受けることはできず、このような表示をして、医薬品等に当たるものを製造販売したとすれば、医薬品等の無許可ないし無承認製造販売として、同法違反になると思います。
なお、医薬品等に当たらないとしても、不当景品類不当表示防止法5条の不当表示として、禁止の対象にはなると思います。

https://www.bengo4.com/iryou/b_523006/

 

 

ですので、アムウェイサプリメントを取り扱う際には、勧誘時に決して医薬品の説明と思われるような表現を使うことがないように注意をしてください。

 

サプリメント利用時の身体トラブル対応方法について

続いてよくあるパターンがサプリメント使用時に消費者に起きたトラブルへの対処法です。

 

例えば、サプリメントという商材はいかに優秀な製品であっても、体に合わないという人が出てきます。

 

具体的には、「飲んだら気分が悪くなった」や「発疹ができた」というものですね。

このときによく出てくる対応方法が「好転反応」というものです。

これは、未だに大トラブルを引き起こすセールストークの一つです。

 

 

自分の体に悪いことが起こっているのにそれはいいことが起こる前のサインだという形で、現状を隠蔽できるからですね。

 

前回も引用しましたが2015年の産経新聞の記事では結構な数のサプリメントを含めた「好転反応」にまつわるトラブルがありました。

 「発疹は好転反応なので我慢してください。乗り越えればよくなります」「それは毒素が出ている証拠です」-。化粧品、健康食品、エステなど美容・健康に関する機能をうたった商品やサービスで、湿疹や下痢、頭痛など健康被害を訴える消費者に対し、「好転反応」という言葉を使うなどして改善の兆しのように錯覚させ、継続利用を勧めるセールストークには注意が必要だ。消費者庁には、業者の説明を信じて使い続けていたら症状が悪化したという相談が5年間で計100件寄せられており、同庁は「健康被害が生じた際には商品の利用をいったん中止し、医師に相談してほしい」と呼び掛けている。

http://www.sankei.com/premium/news/150116/prm1501160002-n1.html

 

 

冷静に文面を読んでみると「そんな馬鹿な」と言いたくなるようなことですが、

人間というのは一度信頼を置いてしまうとできれば自分が信じたことは間違っていてほしくないという心理が働きます。

 

それ故に「その状況は好転反応だよ」と言われると、勧誘された側も「なるほど。そうなのか」と思ってしまうのです。

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

そうはいってもここで勧誘された側は法律上落ち度はありません。

このような顧客対応をしてトラブルが起きた時には、販売者に責任が乗っかってきます。

 

アムウェイにおいても全ての人にアムウェイの製品が合うとは限りません。

それ故に、勧誘した後に何かトラブルがあった際には、目先の利得にとらわれず、しっかりと商品の使用中止をすすめてあげてください。

 

終わりにーまずは最低限の法律の知識を

本日大きく分けて二つのよくある問題パターンをあげました。

 

兎にも角にも特定商取引法に加えて、今日話した旧薬事法の見識についてはマストで必要です。

アムウェイという会社は業界一位ということもありこの辺りの教育はしっかりしていますが、教育プランがあるからといっても聞く側がちゃんと聞けているかどうかはわかりません。

 

 

それ故に、まずは自分からこれらの法律に関する知識をアムウェイの教育に加えて自分で調べるようにすることをお勧めします。

 

 

 

そうすれば、サプリメントの勧誘において問題のある行動が起きることは防止できるに違いありません。

 

アムウェイサプリメント勧誘を通してあなたが豊かになることを祈っています。

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

  • この記事を書いた人

orenzi0202

アムウェイの批判するべきところは批判しつつ風評被害からアムウェイを救おうと頑張るおじさん。熱狂的なファンととんでもないアンチ双方と議論を交わし双方との融和を図ることが目標。

-アムウェイ サプリ 勧誘

Copyright© アムウェイの評判に白黒つけるサイト , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.