アムウェイに出会いを期待して参加する事について

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

 

どうもいつもご覧いただきましてありがとうございます。

 

最近、私はちょっと変わったことをしてまして、なぜアムウェイに参加したのですかとアムウェイの方に尋ねて回るという事をしているのです。

今更ながら原点回帰という感じですね。

そうするといろいろ出てきて面白いのです。

 

単に金を稼ぎたいという人だけが集まるのではないのです。

 

 

アムウェイ含めた連鎖販売取引をやってない人からするとアムウェイってどういうきっかけで始めるの?と思っている人が少なくないようで、仕事柄そういう事をしばしば聞かれたことがこの行脚のきっかけなのですが、、、

 

で、アムウェイなんで始めたの?と聞くと以下のような答えがよく帰ってきます。

  • アムウェイの製品が素晴らしいから
  • アムウェイビジネスで成功して権利収入が欲しいから

 

まあこれって自然流れですよね。

ただ、最近ちらほら聞く別の参加理由があります。

 

女性の方が多いですね。

 

それは「出会い」がたくさんあるから

 

というものです。

 

これは、ニュースキンにもいましたが、どうも出会いがある事が連鎖販売取引に参加する理由の一つになっているようです。

 

今日は、アムウェイに出会いを求めて参加する人がどういう人かの取材後記を書きます。

  1. アムウェイの出会いを求めてしまう人の特徴
  2. アムウェイは昔の共同体を代替しうるか
  3. あとがき

アムウェイの出会いを求めてしまう人の特徴

まず、アムウェイに出会いを期待してしまう人というのはどういう人なのか?という事を知りたくてそういう目的で入っている人に話を聞きました。

 

もちろん男性の場合はゲスいですが恋愛という意味での出会いを求めている人もいますが、男性の場合はこれが主目的という事がほとんどないので割愛します。

 

主に女性に多いのですが、アムウェイでは純粋に人とのつながりを求めて参加している人がいます。

 

この理由を聞いていくと「寂しいから」「会社の人とは深い話できないし」「毎日退屈だったんだよね」といった言葉を彼女たちから聞く事ができます。

 

つまり、アムウェイに出会いを求めて入ってくる人というのは何かしら少なくない孤独感を感じている人たちだということです。

 

確かに、アムウェイの人たちというのはすこぶる仲がいい笑

週に2−3回はあっているので、若手の場合は大学のサークルと見間違えるくらいの一体感や親密さを感じさせてくれます。

 

社会人になるとこうしたちょっとした集まりというのは同窓会を除けばなかなかないもので、そういった同窓会も定期的に頻繁にあるものではありませんから孤独感を解消するほどのものではありません。

 

そういった意味で、アムウェイというコミュニティは彼女たちにとって少なくない役割をになっているようです。

 

彼女たちの期待はビジネスでの成功や製品を使うこともなくはないかもしれませんが、それ以上にこの点に魅力を感じているというのは実に興味深いところです。

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

アムウェイは昔の共同体を代替しうるか

伝統的な社会においては今のように隣に誰が住んでいるかわからないというくらい個人の孤立化というものは進んでいませんでした。

 

ご近所付き合いや地域コミュニティというのが本当にほんの10年くらい前までは健在でした。今ももちろんこういったものが残っているところもあるのでしょうが、都市部においては正直死滅しています。

 

そういった中で連鎖販売取引という人をつなげるビジネスというものが旧来の共同体を代替し得る数少ない手段の可能性があるわけです。

 

 

アムウェイに出会いを求めている人も本能的にそういう考えがあると私は見ています。

私は連鎖販売取引というのは社会的にそういった責任を担うことが期待されているとすら考えています。

 

もちろん「私的利害」で結ばれているのでコミュニティとして不十分という指摘もあり得ると思います。それは確かにそうかもしれません。

 

しかし、直で私的利害がある以外の人であれば、そういった心配は不要です。

ネットワークビジネス業界全般ですが、割と利害関係がない人との方が仲良くなりやすい傾向にあります。

 

そこに人が集まって交流をすること。。

 

これ自体にアムウェイの隠れた価値があるのです。

あとがき

会社に行って家に帰る

 

そういう生活を送ることが多い現代社会においてアムウェイというのは第三のコミュニティとしてこれからいい役割を満たしてくれるのではないかと取材を通して私は感じました。

 

 

もちろんそれらとは別物であるというところもありますが、それだけで切り捨てるというのはよろしくない。

 

あらゆる枠を超えて横櫛に人が出会う、そして継続的な関係性がある・・・

 

 

私は今後も取材をし続けこの出会いの可能性をより深く探求したいと思います。

お読みいただきましてありがとうございました。

 

 

【無料】インターネットで寝ている間にダウンザクザク獲得する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です