【保存用】アムウェイ勧誘における違法合法の線引きついて

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

 

私は、最近アムウェイについてブログを書いていることからこれからアムウェイをやろうという人からよくご相談を受けます。

 

アムウェイでどうやったら勧誘はうまくいきますか?」

アムウェイってやばいんですか?」

アムウェイの製品の評判ってどうですか?」

アムウェイってノルマどのくらいあるんですか?」

 

 

 

こういうお問い合わせをたくさんいただきます。

でも、初心者の場合それよりも前に知ってほしいことがあります。

これなくしていかに他のテクニックを磨いたところで、早晩破綻します。

 

 

アムウェイに限ったことではありませんが、ネットワークビジネスでトラブルを起こすパターンというのはこのことを知らない人だったりします。

 

 

 

「このこと」というのはもちろん「法律についての知識」です。

 

今日は、法律に関連して違法な行為をしないためにビギナー向けの論考を載せます。

  1. アムウェイやる前にどの法律は押さえとくべき?
  2. 業界で見られる違法な勧誘例に学ぶ
  3. 最後にーアムウェイで成功するために

 

アムウェイは世間で言われているイメージとは異なり、合法の範囲でやっていただければとてもいいビジネスチャンスです。

f:id:zyunn14641:20160923112208j:plain

アムウェイやる前にどの法律は押さえとくべき?

とはいえ我々は法学部でもなければ弁護士でもありません。

 

それ故に今から六法全書を全て勉強するというのは無理な話です。

 

 

そこでなのですが、アムウェイ社から「違法」と判断されて会員資格を停止されないためにも代表的な2つの法律を取り扱います。

 

 

 

まず一つ目ですが、これは既にご存知の方は読み飛ばしていただければと思いますが、

特定商取引法と呼ばれるものです。

 

 

この法律は訪問販売含めいろいろな販売方法を規制するための法律ですが、その中でも「連鎖販売取引」に関するチャプターがとても大切です。

 

 

 

この連鎖販売取引というのは「ネットワークビジネス」や「マルチ商法」という世間的な俗称の正式名称です。

 

 

少し補足すると、連鎖販売取引というのは、ある人が消費者であると同時に販売者でもあるアムウェイの方なら同じみの販売方法です。

 

 

 

では、この法律も結構長い法律ですので、大切な部分だけお伝えできればと思います。

 

まず、アムウェイのケースですと誰かをビジネスへ誘いたいと考える場合、以下のことを会うまでに伝える必要があります。これをすることが合法的ビジネス展開においてマストとなります。

 

  • 自分がアムウェイのディストリビュータであること。
  • 会うことを打診した理由がアムウェイへ誘うことが目的であること。

 

 

他にも商品の種類や年会費などもありますが、そういったものはご存じなくても勝手にお話しすると思いますので、まずは上の2点が大切です。

 

 

 

他社の例ですが、「自分がネットワークビジネスの事業者であること」や「これからあなたを勧誘したい旨」を伝えずに、突然勧誘行為に走ったという例は複数あります。

 

これはいうまでもなく、違法であり、その方は会員資格が停止となり今までの積み上げがパーになっていました。

 

 

 

アムウェイで何気なく行うあなたの行為が「違法」なものとなり、あなたのビジネス活動が継続できなくならないためにも、是非気をつけてください。

 

 

 

逆に言えばこれを伝えてアムウェイへ誘うことは合法です。

ビジネス参加自体を恐れる必要はありませんので、勘違いなさらないでくださいね。

 

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

次によく関わりの出てくる法律は、「薬事法」です。

 

これは、医薬品とそうでない健康食品などの線引きをしている法律です。

まずもって、アムウェイは薬品かというとそれはそうではないことはご存じかと思います。

 

この薬品か薬品でないかということがそんなに重要なのか?と思われるかもしれませんが、とてもとても大事です。

 

 

日本では、薬品認可されていない製品というのは「効果効能」をうたうことができません。

 

 

具体的には、「●●という病気が治る」「〇〇にならない」などが挙げられます。

これを医薬品以外がいうと違法な説明となります。 

 

 

他にもこの薬事法違反で会員資格停止とひいては会社自体の業務停止まで至った例が少なくありません。

 

 

健康補助食品であるサプリメントで許されているのは「栄養補助」「栄養補給」「体調管理」といったものに留まります。

 

*私の言っていることの妥当性は、よく通販などでやってる「セサミン」’「グルコサミン」などでおなじみのCMをご覧ください。

 

 

 

 

それ故に、ここでおさえるべきは、アムウェイで製品を紹介するときに断じて、「病気が治る」と言った趣旨の説明をしてはいけないということです。

 

 

効果効能の話し方としては唯一合法な形であり得るのが、通販番組のように「あくまで個人の体験」と断りを入れた上で、「これを飲んでから調子がいい」と言ったことを言うやり方でしょう。

 

 

 

業界で見られる違法な勧誘例に学ぶ

ここでは、特定商取引法違反と薬事法違反の代表的なケースを書かせていただきます。

ここまでの振り返りの意味で見ていただければと思います。

 

 

特定商取引法違反に該当する代表的なケース

  • 「飲み会に来ない?」
  • 「バーベキューみんなでするんだけど来ない?」
  • 「料理教室参加しない?楽しいよ」
  • 「キャッシュフローゲームって知ってる?とても勉強になるから来ない?」

⇨これらは、特定商取引法違反なのはもうお分かりですよね。

 

 

ちなみに、アムウェイ社自体もアムウェイビジネスへの勧誘に先立ち「自分がアムウェイの事業者であること」「あなたをあったときにビジネスの話がしたいこと」を伝えるよう義務付けています。

 

 

 

次に薬事法違反に該当する代表的ないケースを振り返りましょう。

  • 「このサプリで癌が治るんだよ」
  • 「この化粧品で遺伝子が再生するんだよ」
  • 「このサプリを飲むと風邪をひかなくなるよ」

⇨こちらは薬事法違反です。薬事法では医薬品に認可されていない消費財についてこのように具体的な効果効能をうたうことを一切禁止しています。

 

サプリや化粧品はあくまで「個人的な感想」と断った上で、良さを伝えましょう。

ただ、個人的な感想でも「水素水で癌が治った」みたいな常識外のものはダメです。

(これで某社が業務停止になりました笑)

 

 

最後にーアムウェイで成功するために

さて、長々とお付き合いいただきましてありがとうございます。

 

 

今日お伝えしたかったことは大きくは一つです。

 

アムウェイで成功するには、「どうやってビジネスをやるか」「どのくらい大変か」以前にまずは、法律の知識をつけることが必須だということです。

 

 

 

アムウェイ社はMLM業界で世界一であり、その製品やブランドは長きにわたってトップランナーです。

 

 

自信を持って取り組めば必ず成功できる環境がアムウェイにはあります。

その意味で法律を学びご自身の努力が水の泡とならないように気をつけてください。

 

 

合法的にやらなければ、仮に成功しても良心の呵責を背負いながら一生生きていくのは嫌でしょう。

 

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です