【徹底検証】アムウェイの勧誘は論破できるか?

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

 

「アムウェイに誘われました。稼げないということを論破してやりたいです。」

f:id:zyunn14641:20160923112208j:plain

 

という人が知恵袋はもちろん私の周りでアムウェイ勧誘を受けた人にも結構いるようです。

 

 

「なんの恨みがあるのか笑」と私は苦笑いなわけですが、アムウェイ論破したいのですね。

 

 

その餌を探しているのであれば私が与えましょう。

 

 

 

ただ、常に適応できるかどうかは不透明です。健全にビジネスをやられているアムウェイの方であれば論破する必要もありませんので、このような論考に関する知識は不要です。

 

 

あくまで、業界全体でしばしば使われているセールストークの嘘をお伝えするだけです。これは自戒も含んでいます。

 

 

これを言われたら論破してください。

アムウェイ含め運営会社自体がそもそもこういうセールストークをしてはいけないと言っているんですけど、、、してしまう人が業界全体に一定数いるようです。

 

 

今日は、ネットワークビジネスの勧誘に使う「セールストーク」の論破方法を伝授します。もしアムウェイの勧誘者に同様のセールストークを使う人がいれば使ってみてはいかがでしょうか。

 

  1. 学歴などに関係なく誰でも稼ぐことができるよ
  2. 成功したい気持ちがあれば成功できる
  3. 製品がいいから勝手に売れる。

 

*本論考はアムウェイ社を批判するものではなく、一部のモラルひくきネットワーカー

を糾弾することを目的としています。

 

学歴などに関係なく誰でも稼ぐことができるよ

これは一見正しく見えますが、実は異なります。

 

 

 

この言い方は、「結果の平等」を匂わせるものですが、ネットワークビジネスでは、「機会の平等」しかありません。

 

 

つまり、誰もが個人事業主として販売を始められると言うだけです。

 

 

「学歴などに関係なく誰でもビジネスを始めることができるよ」

 

という言い方が正解です。

 

 

ちなみに私がネットワークビジネスをやっている身から言えるのは「稼ぐのは簡単」という人がいたら絶対に信用してはいけないということです。

 

 

 

ちなみにちょっとした小銭が欲しければアルバイトやアフィリエイトしたほうがいいです。

 

 

 

 

 

一つ厳しい事実をお伝えすると「1円」でも収入を得ている人が「勝ち組」になれるのがネットワークビジネスです。それほど厳しいです。

 

 

 

以下は、ニュースキンのものですが、2p目に以下の記述があります。

なお、日本における「アクティブ ディストリビューター数*3」は、月当たりの平均で 122,429 人、 「ボーナスを取得したディストリビューター数」は、月当たりの平均で 19,914 人(アクティブ デ ィストリビューターの 16.3%)でした。

https://www.nuskin.com/content/dam/jp/Oppotunity/PDFs/summary2015.pdf

 

 

アムウェイのものでなくて恐縮ですが、ディストリビュータのうちボーナスを得た人(1円でも稼いだ人)がたった16%しかいないのです。

 

 

つまり一円でも稼げばパレードの法則で言うところの2割に入れるほど優秀な人ということになります。

 

 

これを簡単だと捉える人もいるでしょうが感情的に「簡単ではない」と考えるのはある程度妥当ではないでしょうか。

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

 

もし論破したければ、アムウェイのうち何%が収入を得ているのかを聞いてください。

そしたら、ニュースキンと同等の数値が帰ってくるでしょう。

 

 

そして「簡単に稼げるは嘘だ」と論破してください。

 

 

自分がネットワークビジネスをやっていていうのも変ですが、どこの会社も稼いでいる人は一部です。

 

 

そのことを率直に伝えてあげる方が最近は大切かなと感じています。

「何もしないで稼げる」と勘違いして始める人が本当に多いですからね。

 

 

参加者の6−7割近くです。

 

 

ちなみに、アムウェイ社もニュースキン社もですが、「簡単に稼げるかのようにビジネスについて話すこと」を諌めています。

 

 

ですから、不届きものは盛大に論破してください。

 

 

 

ちなみに少し踏み込むと「機会の平等」というのも私は疑問があります。

あくまで建前ではないかということですね。

 

 

例えば、私には友達が一人もいないとします。

そして、Aくんには友達が5000人いたとします。

 

 

 

この条件でネットワークビジネスを始めるとして成功の確率は同じだと思いますか?

 

同じだという人もいますので、断言はしませんが、私は同じだとは思いません。

 

 

ネットワークビジネスは知人や友人に紹介をして流通を拡大することで収入を得るビジネスモデルだからです。

 

 

理想と現実は異なることを知っておかなければなりません。

 

ちなみに私も以前はそのようなことを言っていましたが、最近では、このビジネスに向いている人を具体的に伝えるようにしています。

 

 

そして、それに該当しないと仮に向こうに興味があっても、参加は見送るようにこちらから打診しています。

 

成功したい気持ちがあれば成功できる

ネットワークビジネス業界にはびこっているのが、これは自分のビジネスの自戒も含みますが、「成功したいと思えば成功できる」という精神論が異常なまでにはびこっていることです。

 

 

こういう人間たちは『7つの習慣』『思考は現実化する』などを引用するわけですが、これらの著書を誤読しているという他ありません。

 

 

これらの書籍は確かに「想い」を大切にしていますが、そのあとは極めて「具体的」かつ「緻密な」日々の取るべきアクションまでの落とし込みが徹底されています。

 

 

 

しかし、ネットワークビジネス業界でありがちなのが、「成功したいと思えば成功できる」と言い放ったアップラインがそのままほったらかしと言うパターンです。

 

 

 

気持ちだけで成功できるのであれば、私も家にこもって「よし!成功するぞ!」と念じ続けます。

 

 

そうは甘くないのが世の中というもので、いかにその想いを具体的な行動に移していけるかということが大切になってきます。

 

 

もし、アムウェイの勧誘者においても精神論だけに終始している人間がいれば論破してください。

 

アムウェイの優秀な方というのは、必ず再現性の高い具体的なノウハウを持っており、ダウンもそれを実施し継続していれば成功できるという道筋が確立されています。

 

 

 

製品がいいから勝手に売れる

これは最近ネットワークビジネス業界で流行っている言葉ですので、言われたら必ず論破してください。

 

これは正直ひどい。

論破する方法は極めて簡単です。

 

 

「じゃああなたいらないよね。あなたなしで売れるのにあなたにボーナス払う意味ないじゃん」

 

 

というだけで十分です。

 

これは、一つ目ともかぶりますが、「簡単に稼げるかのように話す」ネットワーカーはインチキです。

 

 

 

「うちの製品はすごいからさ、製品が製品を売ってくれるんだよ!」

 

こういうことを平然という人がいて結構困ります。

営業というのを軽視しているためおそらくその人はろくに稼げてもいないでしょう。

 

 

今の世の中で何もしないで売れる商品など一つもありません。

営業マンが死に物狂いで介在価値を発揮してこそその製品のすばらしさは伝わり売れるのです。

 

 

アムウェイの成功者と言われている人たちはこの介在価値を把握しているからこそ、誰よりも真剣にどうやって価値を伝えるかを日々考えています。

 

 

これを勘違いして、「いいものだから勝手に売れる」という人が業界にはかなり多いですね。

 

 

 

私のネットワークビジネスのグループでもそういう人が結構いるため、いたるところではびこる病気のようなものです。

 

 

 

以上、アムウェイ勧誘論破したい人向けに文章を書いてきました。

おそらくあなたが論破したいと思ったということは、何かしらアムウェイの規約やガイドラインから逸脱した問題のあるネットワーカーだったのかもしれません。

 

 

ここには論破する方法を書いてきましたが、変な勧誘を受けたら特定商取引法は消費者尊重の精神を持っていますから、アムウェイ社に問い合わせましょう。

 

 

アムウェイ社は敵ではなく味方ですので。

 

 【無料】友人0人の私が逆境で編み出したMLM成功法大公開!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です